銀行カードローンで借り換える

「おまとめローン」で借り換えるには、現在の金利より低く借り換えるのが基本です。
複数社の借入をひとつにまとめ、返済総額を減らせるというのが本来の目的で、借り換えには低金利で高額融資の銀行カードローンをおススメします。

 

まとめる事のメリット

「おまとめローン」で借入先をひとつにまとめられると、金利は下がり、返済の負担が軽くなり、利息を含めた総返済額が少なくなる商品です。

 

大手消費者金融はほとんどが「おまとめローン」を取り扱っていますが、銀行カードローンは金利そのものが消費者金融と比べて低く、融資限度額も自由なので、「おまとめローン」といった商品を用意する必要がなく、一般ローンを「おまとめローン」に使えます。

 

銀行カードローンで商品としておまとめを扱っている銀行は少なく、東京スター銀行の「スターワンバンクローン」がそれになります。

 

申込は慎重に

審査に落とされる理由の最も多いのが申込書の記入ミスと言われています。
わざとウソを書いたつもりがなくても、申込書を見た担当者に「ごまかしている」と判断されても仕方ないので、申込書を送信する前に再チェックすることが重要です。

 

また、短期間に複数社へ申込をすると、信用情報機関の個人情報に、いつどこへ申込をしたかがすべて記載されています。審査は個人情報も参照するので、いわゆる「申込ブラック」になると審査に通りにくくなるので複数社へ申込む時は、間を開ける事がポイントです。

 

シミュレーションで事前に計画を

「おまとめローン」は融資限度額が大きくなるため、一般ローンに比べてさらに審査が厳しくなります。銀行カードローンでおまとめをしたい時は、ある程度の属性が必要です。

 

たとえば、東京スター銀行のように年収制限を設けているところもあり、そういったカードローンは一定以上の年収がなければ利用できません。

 

年収制限があると、パートやアルバイトの方は厳しいかもしれません。
ただし、「銀行カードローンでおまとめは無理」というわけでもないので、申込が可能な銀行カードローンを探し、「借入診断」などを利用して事前に申込が可能かどうかを調べればきっと見つかるはずです。

 

また借り換え後の返済計画が重要になるので、何度でも「返済シミュレーション」を利用して、無理のない返済計画を立てる事も重要です。