どこでまとめるかは慎重に

「おまめローン」に借り換えが出来れば、これまでの悩みがウソのように消えてしまいます。
「おまとめローン」の申込先は消費者金融や銀行カードローンで申込ができます。

 

年利や融資限度額はそれぞれの金融機関で違いがあるので前もって調べておく必要があります。また、要注意なのは、まとめ方がうまくいかなかった時は「まとめなければよかった」と後悔しても後戻りできないので、十分に時間をかけて業者を選ぶことが重要です。

 

大手消費者金融の「おまとめローン」に借り換える

消費者金融は総量規制の対象なのですが、総量規制には「例外貸付」があり、「顧客に一方的有利となる借換え」は、借り換えることで顧客が有利になる場合は、年収の3分の1を超えていても、越えた部分について、審査で返済が可能と判断した場合は、貸付をしてもよいことになっています。

 

大手消費者金融のアイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」、アコムなどの「おまとめローン」がよく知られています。また「モビット」にはおまとめローンといった商品はありませんが、口コミなどを見るとまとめたいことを伝えると、増額が頻繁に行われ、おまとめでも人気があるようです。

 

一般的に、消費者金融の「おまとめローン」は銀行カードローンに比べて、金利が高めですが審査に通りやすいということがメリットです。

 

銀行カードローンに借り換える

銀行カードローンは低金利、高額融資なのでおまとめするには最適です。
ただし、高額融資になるので、審査が厳しく時間もかかりますが、ある程度の属性が備わっていれば問題ありません。

 

中にはキャンペーンとして借り換えを前面に押し出している銀行もあり、そういった銀行ならねらい目かもしれません。銀行カードローンは高額融資が可能なことから、消費者金融のように「おまとめローン」というように区別することなく、一般ローンと同じ扱いになっている場合が多いです。

 

おまとめローンで注意する事

おまとめをすると新たに返済計画の立て直しになりますが、少しでも楽になりたいと思って毎月返済額を少なくすると、返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額が今まで以上に多くなってしまいます。

 

おまとめローンを検討するときに特に重要なのが返済計画で、返済シミュレーションなどで無理のない返済計画をたてて、総返済額ができるだけ少なくなるローンや返済方法を選ぶことがポイントです。