おまとめか任意整理か

多重債務で悩んでいる方にとって「おまとめローン」は救世主のように思われますが、借金の負担をする方法は「おまとめローン」だけではありません

 

おまとめローンで借金を一本化

「おまとめローン」で借り換えるメリットとしては

  • 複数あった返済先を1つにすることで、複数あった返済日を1日にできる。
  • 1社での借入額が大きくなり、一般的には金利が低くなるので、利息を含めた返済総額を抑える事が出来る。
  • 新たな借入で、新たな返済計画が立てられる。

借金を返していく上で、とても良い方法に見えますよね。

 

おまとめローンの勘違い

「おまとめローン」で勘違いをしてはいけないのは、おまとめは借金が減ったわけでもないということです。複数ある支払いを1つにした事で月々の支払いが少なくなる場合が多いのですが、返済額が少なくなった事で、借金が減ったと勘違いしやすいのです。

 

2つめの注意点として、借金の一本化すると、今まで返済してきた借金の詳細が分かりにくくなる、ということで、たとえば、A社〜D社の借金を全てE社に乗り換えたとすると、A社からD社の借金は一度完済となるので、それまでの返済の履歴が非常に分かりにくくなってしまいます。

 

これは、借金を一本化した後、全額返済して終わりなら、あまり問題ありませんが、返済途中で債務整理などを考えた時は、大きな問題になってしまいます。

 

任意整理も考える

「債務整理」には任意整理や特定調停、個人再生、自己破産と言った手段がありますが、中でも、任意整理は裁判所などを使わずに、「借金をしている人」と「お金を貸した会社」が、法律に基づいて話し合いをして、利息の引き直しや借金の減額なども含めた返済方法を考え、和解を勧める方法です。

 

ただ、法律に基づいた任意の話し合いなので、債権者に応じてもらえない場合もあります。また、今まで利息制限法の上限利息以上で返済を続けていた場合は、過払い金請求が出来る場合もあります。

 

債務整理をした場合、信用情報機関の個人信用情報に、任意整理をしたという事実が5年ほど載ってしまうので、その間の新規借入が出来なくなるので、「もうこれ以上借金は嫌だ、2度と借金はしない」と言う方にとってはメリットのある方法です。