おまとめで押さえておきたい事

「おまとめローン」と聞くとメリット一杯の商品のように言われていますが、意外と知れていないのが、申込する前に、確認しておかなければならない事があります。

 

いきなり申込をすると、「こんなはずではなかった」と後悔する事もあるので注意が必要です。

 

現在利用しているローンの利息と比較する。

まずは現在利用しているローンの利息と比べてみましょう
もし、これから借り換えようと思っているローンの金利と比較して、今までの金利の方が低ければ、返済金額が増えてしまうので「おまとめローン」の意味がありません。

 

その場合は、借り換えせずに、今借りている金融会社と交渉して、融資限度額を増額してもらう事を考えましょう。目的は借入先を減らす事なので、増額分で金利の高い何社かを「完済」できれば、それだけで目標に向かって大きく前進したことになります。

 

融資限度額をあげてもらえるだけでなく、金利も下げる交渉もできます。
慎重に交渉して、思い通りになれば、借り換えをしなくても、事実上「おまとめローン」ができたことになります。

 

返済期間を検討する。

返済期間については、低金利で借りることができても、長期返済になる場合は、思わぬ落とし穴が隠れている場合があります。

 

たとえ低金利で借りられたとして、毎月の返済額が少なくなった場合、返済期間が長くなることで金利負担が大きくなり、結果的に最終的な総返済額が大きくなることもあります。

 

借り換えをする時は「返済シミュレーション」などを利用して、自分の生活環境で最も適した返済方法を検討する事も重要です。

 

おまとめの審査に通す条件

おまとめローンは改めて審査があります。
おまとめローンは今よりも金利が安くなることが最大のメリットですが、金利が安くなるほど審査が厳しくなります。特に銀行系は低金利で審査が厳しいことで有名です。

 

審査に受かりやすくなるためには、現在借入先を3社以内に抑えることが重要になります。
一般的に3社以上、借入先があると、おまとめローンの審査に通りにくくなると言われています。3社以上ある場合は、いったん現在利用中の業者で3社以内にまとめておいて、その後本命の低金利業者に申込いう方法もあります。