ウソがすぐにばれる項目とは

「おまとめローン」の申込をすると、改めて審査があります。
一般のローンでも同じですが、ウソがばれるとその場で審査に落とされますし、後でわかった時は一括返済を求められる事もあるので、申込書は正直に書くことが重要です。

 

これまでの利用履歴

「他社からの借入状況」は、おまとめローンの審査の中でも最重要項目になります。どこのカードローンでも、借入件数や借入総額は個人情報に必ず記載するようになっています。

 

というのも、既に多くのキャッシング会社から借金を抱えている場合、これ以上融資しても返済ができなくなる「貸倒れ状態」になってしまう危険性がある為です。特に借入件数が多い人は「多重債務者」になるのでより厳しくなります。

 

金融会社は申込みを受けたあと、信用情報センターの個人情報から、その人の信用情報を取り寄せます。信用情報には、「いつ、どの金融会社で、いくら借入れをし、残債は現在いくらか」などの金融情報が全て記載されています。ですから、少しでも審査に有利に進めようとウソを書いて少なめに申告しても、すぐにわかってしまいます。

 

勤務先はごまかせない。

「申込書に記入した勤務先に間違いがないか」また、「本当に申し込んだのが本人かどうか」ということを確認します。

 

少額の借入れであれば本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)の提出で認めてくれますが、基本は「勤め先への電話確認」があります。ウソの申告をして、少しでも多くのお金を借りようとしたり、すでに退職している会社に勤めていることにして審査に通ろうとしたりする人がいますが、これらの事もすべて個人情報に記載されているのですぐにばれてしまいます。

 

申込書は正確に

審査に落ちる原因として最も多いのが、申込書に記入し、確認もしないままそのまま送信、結果審査に通らなかったという方がおられます。特に住所や電話番号の記載ミスは、連絡先の確認が取れないので致命的ですし、勤務先の電話番号を間違えると在籍確認が取れないという事で落とされてしまいます。

 

間違った入力は、悪くすると誤魔化しているとも取られかねないので、送信前のチェックは重要項目になります。

 

申込書というのは、審査の資料となると同時にあなたの中身を見るためのものでもあるということを忘れないようにしましょう。